【気管支喘息.com】小児気管支喘息について

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kikan4.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link



ここでは子供の喘息、小児気管支喘息について詳しく説明していきます。

小児気管支喘息とは、小児期の気管支喘息のことです。基本的な症状や気管支の状態は成人も小児も全く同じなのです。小児喘息の発症率は約6%です。このうち60%は生後2歳半までに発症、80〜90%は6歳までに発症するといわれています。また成人と異なることは、成人に比べて症状がはっきりしないので医師に診てもらっても、2歳までは喘息かどうかの診断をするための検査ができないものもあるので、診断に時間がかかってしまいます。また成人に比べ小児の方が環境アレルゲン(アレルギーの原因物質)が大きく関係していることです。小児気管支喘息は、発症した時点でしっかりと適切な治療を続ければ症状が無い時期が長く続きます。


⇒ 気管支喘息の原因


sponsored link


copyright©2011  【気管支喘息.com】〜症状・前兆・治療〜  All Rights Reserved