【気管支喘息.com】気管支喘息について

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
kikan4.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link



ここでは気管支喘息について、詳しく説明していきます。

気管支喘息とは、何らかの刺激により、気管支の炎症が慢性化することによって、気道(鼻から肺までの空気の通り道)が過敏に反応を起こし、また筋肉が収縮することにより、気道が狭くなるため空気の流れが悪くなって空気中の酸素を十分にとれなくなり、体にたまった二酸化炭素を排出することができなった状態です。そのために呼吸が苦しくなり、発作的な喘鳴、激しい咳などの症状が起こります。このような症状の発作を何度も繰り返されるのが特徴的です。

また気管支喘息は、全ての年齢層に起こります。現在でも気管支喘息患者数は増え続けているそうです。患者の中でも最も10歳以下で発病し、このうち約3分の2が3歳以下で発病、大部分は6歳までには発病しているそうです。

小学校の高学年から中学校上がるあたりには、ほとんどの患者は発作が治まり、成人するまでには発作が起こらなくなります。
成人になるまで発病することもなく日常生活を送っていた方でも、結婚・妊娠・出産・環境の変化によって、発病する恐れがあります。

また、男性よりも女性の方が発病率が高いと言われています。


⇒ 小児気管支喘息について


sponsored link


copyright©2011  【気管支喘息.com】〜症状・前兆・治療〜  All Rights Reserved